不動産経営やリフォームなら東邦ハウジングがおすすめ!

住宅購入前に準備するもの

女性

必要な費用や書類

分譲住宅の購入では、購入費用や様々な書類が必要です。住宅の購入費用は、物件価格と諸経費に分けられます。最初に年齢、年収、勤続年数、将来設計などを考えて、予算を立てます。物件価格のうち、頭金分は自己資金から支払えるように用意しておくことが大切です。また、諸経費のほとんども先払いです。諸経費には印紙税、ローンの事務手数料、引越し費用、新居での家具や家電の購入費用などがあります。浜松では、3LDKの分譲住宅が3000万円〜4000万円ほどで販売されています。浜松の中でも浜松駅に近くて利便性が良く、大手ハウスメーカーが建築した高品質な分譲住宅は人気物件です。3000万円の分譲住宅を浜松で購入すると、先払いする現金がだいたい300万円ほど必要になります。それ以外の2700万円は、金融機関からの借入金を利用して支払います。ただし、300万円を予算いっぱい使ってしまうと、リスクが高くなります。住宅購入後の生活費や、病気やケガでの思わぬ出費のことを考えて、余裕を持って購入できる分譲住宅を選ぶことが大切です。契約時には、不動産売買契約書と重要事項説明書が必要です。重要事項説明書は、最終的な購入条件が細かく記載された重要な書類です。分譲住宅の購入においては、重要事項説明書が何枚にもわたります。そのため、契約当日にすべて読んでも整理するのが大変です。なるべく契約前までに郵送で届けてもらい、目を通しておくのがお勧めです。

Back to Top